離婚する夫婦の姓そして戸籍の問題とは?

離婚する場合には、夫婦の姓や戸籍についても話合う必要があるでしょう。

まず姓についてですが、結婚前の姓に戻る事も可能ですし、結婚後(現在)の姓を名乗る事の可能です。

自分にとって、仕事等で都合の良い様に、姓はどちらを選んでも良いのです。

もし姓を結婚後(現在)のままにするのであれば、『離婚の際に称していた氏を称する届』を離婚が成立した後の3ヶ月以内に市区町村役場に提出する事で、今迄の姓を継続して名乗る事が可能です。

また、期間が過ぎてから結婚前の姓(旧姓)に戻したいのであれば、『氏の変更許可の申し立て』を家庭裁判所で行う事で変更は出来るのですが、許可を取るのが大変だと言われてます。

次に戸籍についてですが、離婚する事で戸籍は別々になります。

今現在の戸籍筆頭者が夫だった場合には、離婚後夫の戸籍から妻は除籍されることになります。


そのため、離婚したい妻の場合には、結婚する前の戸籍(親)に戻るのか?もしくは、新たに戸籍を作るのかを選択しなければなりません。

さらに、離婚する夫婦間に子供が居た場合の姓や戸籍についても考えましょう。

やはり子供がいると、どのような姓や戸籍にするべきか?多くの方が悩んでいるのではないでしょうか?

そのため、しっかりと離婚前に子供の戸籍や姓について調べておくと、離婚話が安心して進められるかと思います。

まず、離婚する夫婦の戸籍筆頭者が父親であれば、例え親権者が母親で同居をしていたとしても、子供の姓と戸籍は父親と同様になります。

その状態に不服があれば、子供の姓と戸籍を変えることも可能です。

ただし、15歳以上の子供だった場合には、子供本人の意思により姓と戸籍を変える許可申し立てすることが出来ます。

さらに同居した親の姓と戸籍に変更した後でも、成人した子供が旧姓に戻りたいと言えば、市区町村役場で20~21歳になる迄の1年以内に手続きを行うことで、姓と戸籍を選ぶ事が出来ます。


▲ページトップに戻る