離婚したい親のためにある公的援助とは?

離婚後の生活に不安があるならば、公的援助についても予め調べておくと安心です。

この公的援助とは、児童扶養手当や児童福祉手当等があります。

子供がいる夫婦ならば、尚更公的援を受ける事も考えておきましょう。

そして、子供を離婚後母親が引き取る場合には、援助がより手厚く受けられる事になっています。

先ほど、挙げた公的援助の他にも、母子生活支援施設の利用、義務教育就学援助制度、母子福祉資金の貸付制度等もあります。

但し、援助を受ける為には、それぞれの制度での利用条件があります。

その一例として児童扶養手当では、離婚した後の父母の成形が父親を一緒ではない児童に支給される事が条件となっています。


また制度の多くは、住所が日本国内に無い場合は対象外となる事が多くあり、所得制限を支給される為に設けている場合があります。

更にこの公的援助で、どの位子供の教育や生活の不足部分を補って埋める事が出来るのかも考えておきます。

離婚後の援助には、他にもあります。

母子父子家庭医療費助成、所得税・住民税・自動車税の減免、水道・下水道料金の減免、私立高校授業料軽減貸付、公立高校授業料減免等等もあります。

さらに、離婚はしたいがこれらの援助を考えても自立した生活が送れるのか心配で踏み切れない方には、一つの手段として生活保護という方法もあります。

親族の協力はおろか、収入に無く、最低限の生活も維持出来ないと思われる場合にのみ受けられる制度が生活保護といいます。

ただし、色々な制限が受給するためにはあります。

しかし、離婚医師が固い方にとっては、生活保護を利用することも考えてみてはいかがでしょうか?


▲ページトップに戻る