離婚したいと思っている夫婦がその前に別居するには?

別居は、離婚したい夫婦によって、冷静さを取り戻す為にもとても良い方法かと思います。

やはり、どうしても感情的になってしまう事が多いですからね・・・。

別居生活する事である意味、何が離婚原因なのかを見定め、相手への気持ちや将来に向けた計画等も、この冷却期間で考えも纏め易くなります。

ただし、別居は離婚したいためにする物ですから、家を勝手に出る事は避けるましょう。

なぜなら、夫婦には法律上同居する義務があり、家を突然出るのは、もし後々で調停等を行った場合には不利になることもあります。

このことを『悪意の遺棄』と言い、別居を無断でし、相手の言い分も全く無視している事に当たります。

今の所は離婚したいという訳ではなく、ただ単に夫婦喧嘩の延長的な別居となると、離婚理由になる恐れもありますので、行動は慎重に行うべきでしょう。


このことから別居する前には、別居理由をよく話合い、お互い合意しておく事が最も大切です。

ただし、例外もあります。

それは、配偶者からのDVや酒乱等で怪我を負ってしまう恐れがある場合には、別居を緊急に行わなければなりません。

そのような場合には、同居義務違反には当たりませんので、ご安心下さい。

ただし、別居することを伝えることは必要ですね。

直接伝える事が難しい場合には、電話や手紙でも良いでしょう。

そして、その別居中の生活費や子供の養育費については、婚姻費用分担義務という物がありますので、請求する事も可能です。

また、結婚前からの個人名義特有財産であれば、自由に持ち出すことも出来ます。

別居というものは、離婚したいと思っている夫婦にとって自分達の結婚について改めて考える事が出来、前向きに離婚を進めるチャンスでもあるのです。

離婚原因についても、別居する事で改めて見つめなおす事が出来るでしょう。


▲ページトップに戻る