離婚したいのであればまずは証拠集めをしよう!

離婚したいにも関わらず、もし相手がどうしても応じてくれない場合は、一体どのようにすると良いのでしょうか?

離婚理由が配偶者の性格等ならば、離婚を申し出たとしても、きっと拒否されることでしょう。

また、浮気事実があるにも関わらず認めず、離婚意志がないとしている場合や、DVで脅かすという行為により、離婚の話すらなかったものにする場合等、絶対的に相手側に問題があるにも関わらず、何かしらの理由をつけて、離婚が出来ない場合もあります。

このようになってしまうと、大きな衝突が離婚したい側と離婚しない側で起こってしまいます。

あるいは、このような状況が嫌になったり避けるために、離婚話を取り下げるしかないこともあるでしょう。

しかしこの状態は、ある意味問題を先送りにしているだけです。また、不満が溜まってしまいトラブルになってしまう可能性が高くあります。

離婚理由が、借金やDV、酒乱などが原因だった場合には、生活することよりも最悪の場合には、命の危険性もあるかもしれませんよね?


離婚を強く考えているのであれば、曖昧な気持ちで行うのではなく、やはり自分自身の意志を貫くことが大切です。

まず、離婚に中々応じてくれない相手との交渉には、有利に進める為にも証拠集めをすることが大切です。

DVが原因であれば、怪我をした時の医師に診断書を書いて貰うことや、不貞が原因であれば、電話履歴や証拠写真、クレジットカードの明細集め等、確実に誰が見ても分かるような証拠を集めましょう。

自ら証拠を集めることが困難であれば、夫婦間の内情をよく知る友人や家族に協力を求めたり、またはそのような行為のプロでもある探偵に依頼するのも良いでしょう。

それと同時に、離婚したいと思っていても、どうしても相手が承諾しないとして離婚調停を申し立て、色々な証拠を元に話を進めていくと良いでしょうね。

これら証拠を突きつける事により、離婚成立が比較的スムーズに行えるといわれてます。

5633

浮気の証拠集めなら原一探偵事務所
https://www.haraichi.co.jp/


▲ページトップに戻る