離婚したいと思ったらまず弁護士を・・・

弁護士は、離婚する時の手助けをしてくれます。簡単に離婚出来れば良いのですが、後々色々な問題が出てきてしまうのが現状です。

そのため、離婚には法律上で決めなくてはならない事柄が色々あります。

財産分与・慰謝料・子供の親権等があり、当事者だけでは感情がもつれてしまい、中々離婚が成立し難い場合が多いのです。

そのような状況下で、離婚する夫婦の強い見方になってくれることでしょう。

弁護士の能力が最も発揮されるのは、子供の親権や財産分与等でトラブルが起ってしまった時に多いです。

事情が複雑だった場合には、裁判や調停という事にもなりますので、法律の専門知識が必要となる場合もあります。

また、大きな原因が相手側にあるのなら、離婚をより有利に成立させたい時にも、とても頼りになる存在です。


さらに、離婚を早急にしたい場合にも、弁護士依頼する事がとても効果的です。

では、どのようにして弁護士に依頼をすると良いのでしょうか?

それは、自治体主催の法律相談で申込む方法や、知人からの紹介でお願いする方法があります。

その場合ですが、離婚交渉をお願いするために弁護士依頼する訳ですから、多くの離婚訴訟経験がある弁護士を選ぶとより安心出来るでしょうね。

そして弁護士との相性も大切です。

実際に弁護士に会い、自分と弁護士との間に優劣・高下等の差を感じず、細やかな心遣いをしてくれる方が良いでしょう。

最も気になる弁護士費用ですが、着手金(依頼した時点で支払う)と報酬金(離婚成立時に支払う)、そして日当や相談料、更に郵便切手代金や交通費等の実費も支払うことになります。

離婚事案の難しさや、掛かった労力及び時間によって、金額は異なります。

たいだいですが、離婚する夫婦の調停であれば30万円前後とされており、裁判に至っては50万円程度が目安です。

このように意外と費用は掛かってしまうのですが、この費用負担を気にして弁護士を立てずに話合いを進めてしまうと、トラブルが返ってこじれてしまう恐れがあり、離婚成立までの時間も長く掛かってしまうこともあります。

そのため離婚したいのであれば、前もって法律相談をし、どの程度の時間や費用等が掛かるのかを提示して貰うのも一つの手でしょうね。


▲ページトップに戻る